1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 着物お洒落プロジェクト~豊かな心と文化をつくる

テーマ募集と選定一覧

2016年度プロジェクト科目テーマ

着物お洒落プロジェクト~豊かな心と文化をつくる

プロジェクト名着物お洒落プロジェクト~豊かな心と文化をつくる
科目担当者柾木 良子
科目代表者心理学部 余語 真夫

学生さんへ●着物は日本の伝統と文化の象徴の一つであり,歴史において京都を中心に流行を生み出してきたファッションです。ただ現代では浴衣や着物を日常生活で着る人口は減少し、特別な日の非日常着になりつつあるのが現実です。世界でも類を見ない和服から伝統文化に関心を持ち、人として礼儀や豊な感受性を養い季節を繊細に感じとれる着物を通して、その素晴らしい魅力を学んで欲しいと思います。

●日本には四季があり季節の移ろいが着物の柄として描かれ、古来より変わらぬ形の中に季節を感じる色彩までも表現されます。加えて小物の組み合わせを考え自分らしい着方によって、その人となりが現れる面白さに醍醐味があります。そして着物を着ると精神面に変化が起こります。それは立ち居振る舞いが変わることによって、日本的な礼儀や自尊心が目覚めることも最大の特徴と捉えています。また伝統的な染織の技法は日本各地の気候風土から生み出され受け継がれていて、自然の恵みが持つ素材は多く人手と時間によって着物や帯に生まれ変わる事を知ると、きっと愛着と大切に扱う気持ちが起こるはずです。

●これらの全てを体感でき習得する授業の内容は、春学期は「浴衣」を一人で着る練習と他者への着付けを通してコミュニケーションと内面の変化を感じて、浴衣にふさわしい立ち居振る舞いや心配りを身に付けます。祇園祭に合わせて開催する「祇園祭ゆかたイベント」を企画運営します。秋学期は「着物」の基礎知識から製造の本場である京都の工房見学やTPOにふさわしいスタイリング方法と色彩感覚を養います。その集大成として着物そのものの魅力と着物を着る事の楽しさを伝える「着物ライフ・プロジェクト」を開催します。

●ぜひ“自分の魅力、京都の魅力、日本の装いの魅力”を発見してみて下さい。「着物お洒落プロジェクト」から豊かな心を育み、感性を磨いて新しい文化をつくって行きましょう!

開講校地今出川校地
開講期間春学期・秋学期連結

履修条件特になし
履修生が準備(持参)するもの筆記具とノート
履修生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
必要(11,000円以内) 
祇園祭ゆかた企画の準備交通費(4回)  2,000円
ゆかたレンタル(4回) 4,000円
着物レンタル  (2回)  3,000円
工房見学と着物プロジェクト準備交通費(4回)  2,000円
授業時間以外の非定期授業の有無あり(8回以内)
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無実施する(8回以内)

定員内の場合の選考方法登録志願票と面接で選考する
定員を超えた場合の選考方法登録志願票と面接で選考する
ただし、20名を超えた場合は登録志願票で選考する
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし