1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. フォーミュラーカーと共に成長しよう

テーマ募集と選定一覧

2016年度プロジェクト科目テーマ

フォーミュラーカーと共に成長しよう

プロジェクト名フォーミュラーカーと共に成長しよう
科目担当者馬場 康雄
科目代表者理工学部 藤井 透

学生さんへ本プロジェクトでは、自分たちでフォーミュラーカーを企画、開発、設計、製作します。企業におけるMINI開発チームのイメージです。座学で得られる知識、情報とそれを生かす実学の場が共存する環境を共有することで、個人としては、その体験が気づきの積み重ねとなり成長できます。自動車というシステムは、チームの連携なしには作り上げることができません。目標の立て方、工程の管理、資材調達、広報、そして組織マネイジメントの力も併せてつけてゆくことになります。それは、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を養います。学外の協賛企業の協力を得るため折衝交渉という対人的な側面も持ちます。エンジニア、レーサーへの興味のある方、組織運営に興味のある方等広く参加を望みます。毎月の定期的なデザインレビューを開催します。そこでは、このプロジェクトを経験し、すでに社会で活躍しているOB、OGによる支援にも恵まれています。また、その仕上がりのレベルを確認するために、9月には全国の他大学との競技(学生フォーミュラー大会*1)に参加します。モノづくりの技術力及びレース走行を競い、自分たちの成果の位置を確認することになります。自分たちで作った車が完成し走り出す感激を経験してください。過去実績は上位を維持しており、自動車業界の認知度も高く、リクルートにも有利であることは、先輩方が実証しています。対外的には競争を目的としますが、日々の活動は切磋琢磨すなわち、”共に成長しよう”のこころ意気です。

プロジェクト科目としての講義時間では、最適設計手法につながる情報の整理となることを期待して、三菱電気、先端技術研究所の鶴田明三氏の提唱されているXCN(クロスチェック付きなぜなぜ分析)という概念の実践に挑みます。

*1

開講校地京田辺校地
開講期間春学期・秋学期連結

履修条件アピール文の内容に興味がある方
学生が準備(持参)するもの特になし
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
必要(23,600円以内)
(公社)自動車技術会 学生会員費 3,600円
本大会参加費、静岡県小笠山運動公園4泊5日 20,000円
授業時間以外の非定期授業の有無あり(5回以内)
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無実施する(5回以内)

定員内の場合の選考方法登録志願票と面接で選考する
定員を超えた場合の選考方法登録志願票と面接で選考する
ただし、20名を超えた場合は登録志願票で選考する
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし