テーマ募集と選定一覧

2011年度プロジェクト科目テーマ

京都土産から学ぶ商品企画

プロジェクト名京都土産から学ぶ商品企画
科目担当者株式会社 おたべ
酒井 宏彰
科目代表者商学部 石川 健次郎

学生さんへ本講義は、人に喜びを与える「お菓子」をテーマに「京都ブランド」を根幹とした新しい「土産菓子ブランド」のマーケティング戦略の構築を図る事を通じて、みなさんの「考える力と行動力」を養成し、実社会で活躍できる人材の育成を目的とします。
京都は歴史的に菓子作りの原点と言える都市であり、いまだに数多くの菓子店が軒を並べています。また、「観光都市 京都」として、これまでに「おたべ」に代表されるような数々のお土産菓子も送り出されてきました。
しかし、その京都の菓子市場も、消費者の嗜好やニーズの変化に伴い、ここ近年変化しつつあります。

「和菓子」「洋菓子」のボーダレス化
和菓子のパッケージに洋菓子のテイストを入れたり、洋菓子の原料に和菓子の素材を取り入れるなどの変化
「土産菓子」と「ギフト菓子」のボーダレス化
「おたべ」や「赤福」といった観光土産菓子は長い年月をかけて地域ブランドとして確立されてきましたが、ここ近年、百貨店などで販売されている「ギフト菓子」ブランドが、観光土産としても消費されるようになってきました。
京都ブランドに狙いをつけた他府県業者の市場参入
京都で新しい菓子ブランドを創造することにより、他地域において「京都ブランド」を活用していこうという狙いがあると考えられます。

当プロジェクトでは、このように従来のマーケットが大きく変化しつつある京都の菓子市場において、菓子業界におけるマーケティング事例を学び、消費者ニーズの分析やコンセプトワークによる「新しい京都土産」の企画、さらに、企画商品の市場導入といったプラニングを行っていきます。リアルなマーケティング活動に接し、グループで商品創造を進めることにより、参加者各人の考える力とプレゼンテーション能力の向上を図ることを目標とします。

(講義の進め方)
お土産菓子業界の現状を把握し、各社の商品企画事例を学びます。また、実際に製造現場の見学、販売店の視察等を行います。
その中で、みなさんが感じとり、自由な発想を活かしながら、新しい商品を企画していきます。
実践的な企画を通して、みなさんの考える力をフルに発揮してください。

開講校地今出川校地
開講期間春学期

受講条件お菓子・京都が好きな方 ものづくりに興味があること
学生が準備(持参)するもの 
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり(500円×2)
地下鉄 今出川-十条 250円(片道)2回往復で1,000円
授業時間以外の非定期授業の有無なし
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(2回以内)

定員内の場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
定員を超えた場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし