1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 選定結果 2011年度
  4. カリスマ経営企画担当者養成講座(社長の右腕になって経営を体感する)

テーマ募集と選定一覧

2011年度プロジェクト科目テーマ

カリスマ経営企画担当者養成講座(社長の右腕になって経営を体感する)

プロジェクト名カリスマ経営企画担当者養成講座(社長の右腕になって経営を体感する)
科目担当者中尾 光宏
科目代表者文化情報学部 鋤柄 俊夫

学生さんへ今の社会の中で企業という組織は不可欠な存在です。しかし実際にはなかなかつかみ所がなく、わかりにくい存在でもあります。
この講座では、企業というものの存在を、経営企画の立場に立って肌感覚で習得して頂きます。
経営企画は経営全体に目を配り、社長の右腕として力を発揮するセクションです。
ここにフォーカスをあてることで、短時間で会社というものの実体感をつかんで頂くことが容易になります。
企画という名称から、商品企画のようなイメージをお持ちの方も多いと思います。
ただ実際には経営ビジョンそのものを創造するという役割よりも、社長がビジョンを描くときのサポートや、それを組織で実現していくための実行支援という側面が強いセクションです。
だからこそ、ある特定の企業の経営企画というものを知ることで、業種にとらわれず会社というものの実態をつかむことができます。
これに近い教育をしているところが、MBA教育にあたるものです。
ただMBA教育は、理論が先にあり、それをあてはめて経営管理というものを学習しようという試みですが、この講座では一つの企業に分析対象を絞り込み、そこから即実践に近い立場から把握しようとするところが、大きく異なるところです。
とりわけケーススタディーでは、企業実体というものが、ケースを作るプロセスの中でそぎ落とされてしまうことが多く、これが使えない経営学を生み出しているとも言われています。
まずは生の企業実体を知ることが大切だと考えています。
この講座はそれにとどまらず、企業とふれあうことで、かなり踏み込んだ社会人体験をしていただけるように工夫いたしました。卑近な話ではありますが、将来の就職活動にも役立つことと思います。
最終的には企業が実現しようとする事業そのものを、どのようにして具体的に実現していくのか知って頂くことによって、企業の大小や知名度に依存しない、いい企業の見方もあわせて身につけていただけるものと確信しています。
さらに、今、大学で勉強している学問が、巷では「役に立たない」などと言われますが、それば完全なる間違いであることを実感して頂けるでしょう。
将来、今勉強している様々な学問が、どのように有機的に役立つことになるのか、数歩先の未来を見通して頂きたいと思います。
少しハードな授業になるかもしれませんが、皆さんの積極的なご参加をお待ちしております。

開講校地京田辺校地
開講期間春学期・秋学期連結

受講条件企業の内部機密情報に深く関わることになるので、守秘契約の締結をお願いすることになります。
学生が準備(持参)するもの企業訪問の際はスーツでお願いします。
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり(25,000円以内)
参考図書費 約5,000円
企業訪問交通費(京田辺校地を起点として) 約20,000円以内
授業時間以外の非定期授業の有無なし
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(10回以内)

定員内の場合の選考方法登録志願票で選考する。
定員を超えた場合の選考方法登録志願票で選考する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし