1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 選定結果 2010年度
  4. 「花のキャンパスライフ」から情報発信に挑戦、新聞、ラジオ、ネットで

テーマ募集と選定一覧

2010年度プロジェクト科目テーマ

「花のキャンパスライフ」から情報発信に挑戦、新聞、ラジオ、ネットで

プロジェクト名「花のキャンパスライフ」から情報発信に挑戦、新聞、ラジオ、ネットで
科目担当者田原 敏孝
科目代表者経済学部 八木 匡

学生さんへ楽しい大学生活を社会に広げよう!
私たちの授業は学生諸君が主体性をもって、情報とメディアの研究とコンテンツの開発、情報発信に挑戦するものです。
あなたが、新聞記者やカメラマンになって学園新聞を企画、取材して、新聞を発行してみませんか。ラジオ番組や映像作品を企画して、プロデューサーやディレクターを担当したり、アナウンサー、コメンテーター、パーソナリティー、などを体験してみませんか。
チームワークのなかで、熱い語らいを重ねながら、自分自身を鍛え、インターネットなど多様化する情報化社会に対応できる力を養い、イベントを企画、コンテンツを制作し情報発信に挑戦してみましょう。頭も時間も体力も使う大変な授業だけれど、充実した一年になりますよ!やる気のある若者にのみ開かれる扉です。
前年度の授業の内容を参考までにあげておきます。
「春季」は主として、学生相互のコミュニケーションを図り、お互いを理解しながらチームつくりへと進みました。平行して、経験豊かなゲストスピーカに参加していただき、情報とメディアの現状と創作や企画に関する基本的な学習をいたしました。
フジテレビの名物ディレクターによる、当たる番組の企画の話。放送作家の構成台本の書き方。コンピューターを使っての音楽の作曲法の勉強。伝統芸能の長唄と三味線の公開体験。ラジオ番組の企画のポイント。現役の新聞記者による取材と記事の書き方の指導。など興味深いものでした。
「秋季」は具体的にメディアの選択とコンテンツの企画制作の授業を実施しました。
KBS京都放送で、学生が自分達で企画して出演した1時間のラジオ番組「花のキャンパスライフ」を7本制作して、9月から、毎月最終の日曜日正午12時から放送しています。パーソナリティーの「はな」ちゃん、も番組の内容も好評でスポンサーも着くという快挙です。またこの番組はインターネットと情報を共有する実験もしています。「イブ祭」には、朝日新聞社に協力いただいて、京都大学経済研究所とのコラボで「花のキャンパス」という新聞を3500部発行しました。記事、写真はもちろん学生の制作です。
イベント企画としては、同志社大学出身の映画監督においでいただき、作品の試写と監督とのトークを展開し、公開収録で、ラジオのゲストとして放送し、新聞の記事としてもとりあげ、立体的な展開を試みました。

開講校地今出川校地
開講期間春学期・秋学期連結

受講条件授業に出席し、情報発信のコンテンツ企画制作に情熱をかける
学生が準備(持参)するもの筆記用具
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり(10,000円以内)
朝日新聞本社への打合せ交通費 3回程度 @3,000×3
授業時間以外の非定期授業の有無あり(20回以内)
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(20回以内)

定員内の場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
定員を超えた場合の選考方法登録志願票と面接で選考する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし