1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 選定結果 2010年度
  4. インターナショナル・パフォーミング・アーツ・ワークショップ

テーマ募集と選定一覧

2010年度プロジェクト科目テーマ

インターナショナル・パフォーミング・アーツ・ワークショップ

プロジェクト名インターナショナル・パフォーミング・アーツ・ワークショップ
科目担当者丹下 一
科目代表者理工学部 長岡 直人

学生さんへパフォーミング・アートは、演劇やダンス、現代美術の分野の「パフォーマンス」などからだを使って何かを伝えようとするアートの総称です。演劇やダンスには、たいへんな訓練を経て選ばれた人だけが舞台に立つ、というものもあるのですが、この科目ではその正反対を目指します。誰でも舞台に立てることが大前提。なのであらかじめ用意された台本も振り付けもありません。ワークショップの中でお互いを感じ、そして表れてきたものを丁寧にくみ上げていきます。

キーワードは「楽しむこと」そして「無理をしないこと」。

現代演劇の最新のメソッドと共に、ゲストスピーカー・即興音楽の矢吹紫帆さんと矢中鷹光さんとのセッションを交えワークショップを組み立てます。

また香港からのゲスト・Ar Man Leungさんは、美術パフォーマンスと即興ダンスの体験をみなさんと共有するためにやってきます。英語と広東語も使いながら進めて行きますが通訳が入りますのでご心配なく。

リトリート・センターで3日間の合宿での多言語、異文化体験、そして参加者全員で心の旅を経て、最後に舞台で発表します。何が生まれるかとても楽しみ。皆さんの参加を心よりお待ちしています。

開講校地京田辺校地
開講期間秋学期集中

受講条件特になし
学生が準備(持参)するものからだを動かせる服装(ジャージなど)、スカートとハイヒールは不可
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり
リトリートセンター宿泊費(2泊3日)食費含む 9,700円・交通費実費
授業時間以外の非定期授業の有無あり(2回以内)
報告書・HP作成のため
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無なし
ただし、リトリートセンターでの合宿有り

定員内の場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
定員を超えた場合の選考方法抽選する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし