1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 選定結果 2009年度
  4. 2009_13出会いを楽しめる空間づくり~遊空間のプロデュース~

テーマ募集と選定一覧

2009年度プロジェクト科目テーマ

出会いを楽しめる空間づくり~遊空間のプロデュース~

プロジェクト名出会いを楽しめる空間づくり~遊空間のプロデュース~
科目担当者NPO法人 遊プロジェクト京都
上野 康治
科目代表者理工学部 金田 重郎

学生さんへ遊んでいるときほど笑顔が溢れます。
笑顔は頑なな心をゆるめ、自分と違う価値観を拒絶するのではなく、 取り込むことを可能にする作用があるのではないかと常々思っています。
いちど取り込んだ価値観にそっくり同化することはなくても、認め合うことはできるかもしれません。
そこで、本プロジェクトは、この遊びの持つ力に注目し、 「入口は遊び、出口は文化」をテーマにした交流の場をプロデュースします。
それは、様々な人がいる世の中で、様々な人の力でなりたつまちで暮らす私たちにとって、 社会参加へのきっかけづくりにもなるでしょう。
具体的には、チームを組み、秋学期終了までにいちど、

  1. チームの問題意識に沿ったメインイベント(注1)を、京都市内の会場(注2)で開催します。
  2. メインイベントの連動企画として、ラジオコンテンツ(PRもしくは番組)の 企画・制作・放送を、NPO京都コミュニティ放送「FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ」でおこないます。

講義進行は、春学期は企画作成、秋学期はその実施という流れです。
なお、イベントやラジオのプロデュースは、 それぞれプロの方々がサポートしてくれますので予備知識は不要です。
また、本プロジェクトの目的は、やりたいことをできるようにする楽しさの共有にありますので、 技術習得など専門的な事柄を覚える必要はありません。
春学期・秋学期をつうじて、思い描いたことがかたちになるプロセスを楽しめる講義になればと思います。

(注1)
たとえば、国際交流、世代間交流、コンサート(ジャズやクラシック)、芸術紹介&ワークショップ、映画鑑賞&トークなど「わくわくどきどき」の遊びから生まれる企画イベント。
(注2)新風館、府庁旧本館、寺社仏閣、町家、カフェ、ギャラリーなど。

開講校地今出川校地
開講期間春学期・秋学期連結

受講条件特になし
学生が準備(持参)するもの特になし
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
なし
授業時間以外の非定期授業の有無なし
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(数回以内)

定員内の場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
定員を超えた場合の選考方法抽選する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし