1. プロジェクト科目ホーム
  2. 2018年度のニュース一覧
  3. 2018年度プロジェクト科目秋学期成果報告会を開催しました。

2018年度プロジェクト科目秋学期成果報告会を開催しました。

'19年2月6日 更新
日時 : 2019年1月20日(日)
場所 : 今出川校地 良心館 ラーニング・コモンズ
・11:30~15:00 ポスターセッション
・15:00~16:00 講評・総評・表彰式


全学共通教養教育科目「プロジェクト科目」では、各学期の授業期間終了時に、京田辺校地・今出川校地開講クラスが一堂に会し、学内外に向けて成果報告の場を設けています。

2018年度秋学期成果報告会は、ポスターセッション形式で開催され、春学期・秋学期連結科目14クラスの履修生が、活動の成果をまとめたポスターをもとに最終報告を行いました。

当日は小雨が降る中、京都のみならず他府県からも企業や教育機関関係者、本科目の過年度履修生、授業協力者、保護者の方など約190人の参加があり、会場は終日熱気に満ちあふれていました。

ポスターセッションでは、履修生がこの1年で様々な困難な課題に一生懸命取り組んだ成果をもとに、積極的に聴衆に声をかけ自分達の活動の経緯や成果を丁寧に伝え、説明を受けた聴衆からは質問を投げかけられるなど活気ある議論が繰り返されていました。特に今年度は、春学期末に実施予定であった成果報告会が台風の影響で中止になったこともあり、最終成果報告会に注がれる履修生の熱意が例年以上に見られました。

表彰式の講評では、ポスターの出来、不出来の差が大きいという厳しい指摘があった一方、過年度よりも“対話”重視のセッションを行った高いレベルのクラスが多く、履修生のプロジェクトに対する意識の高さがうかがえるといった評価も寄せられ、この経験を社会に出てからも活かして欲しいと更なる進展を期待する声が聞かれました。

最後に、最優秀賞、優秀賞および特別賞の表彰が行われました。最優秀賞は同じ得票数でそれぞれ2クラスが受賞するという接戦となりましたが、終了後の学生たちの顔は達成感に満ちた晴れ晴れとしたものでした。
各賞は以下のとおりです。


【最優秀賞】
留学生と創る!!「祇園祭を支える町衆文化読本」制作プロジェクト
(伝統文化継承と地域文化創生の観点から)
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:遠藤 正彦
 科目代表者:高岸 雅子(日本語・日本文化教育センター)

あなたがプロデュース!KYOTO和婚の魅力を世界に発信プロジェクト
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:図師 美緒
 科目代表者:山田 和人(文学部)

【優秀賞】
絵本は心のごちそう・プロジェクト
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:上野 康治
 科目代表者:金田 重郎(理工学部)

【特別賞】
スポーツイベント企画・運営のマーケティング実践
~生涯スポーツの推進に向けた陸上競技大会の開催~
<京田辺校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:村尾 直哉
 科目代表者:二宮 浩彰(スポーツ健康科学部)
日時 : 2019年1月20日(日)
場所 : 今出川校地 良心館 ラーニング・コモンズ
・11:30~15:00 ポスターセッション
・15:00~16:00 講評・総評・表彰式


全学共通教養教育科目「プロジェクト科目」では、各学期の授業期間終了時に、京田辺校地・今出川校地開講クラスが一堂に会し、学内外に向けて成果報告の場を設けています。

2018年度秋学期成果報告会は、ポスターセッション形式で開催され、春学期・秋学期連結科目14クラスの履修生が、活動の成果をまとめたポスターをもとに最終報告を行いました。

当日は小雨が降る中、京都のみならず他府県からも企業や教育機関関係者、本科目の過年度履修生、授業協力者、保護者の方など約190人の参加があり、会場は終日熱気に満ちあふれていました。

ポスターセッションでは、履修生がこの1年で様々な困難な課題に一生懸命取り組んだ成果をもとに、積極的に聴衆に声をかけ自分達の活動の経緯や成果を丁寧に伝え、説明を受けた聴衆からは質問を投げかけられるなど活気ある議論が繰り返されていました。特に今年度は、春学期末に実施予定であった成果報告会が台風の影響で中止になったこともあり、最終成果報告会に注がれる履修生の熱意が例年以上に見られました。

表彰式の講評では、ポスターの出来、不出来の差が大きいという厳しい指摘があった一方、過年度よりも“対話”重視のセッションを行った高いレベルのクラスが多く、履修生のプロジェクトに対する意識の高さがうかがえるといった評価も寄せられ、この経験を社会に出てからも活かして欲しいと更なる進展を期待する声が聞かれました。

最後に、最優秀賞、優秀賞および特別賞の表彰が行われました。最優秀賞は同じ得票数でそれぞれ2クラスが受賞するという接戦となりましたが、終了後の学生たちの顔は達成感に満ちた晴れ晴れとしたものでした。
各賞は以下のとおりです。


【最優秀賞】
留学生と創る!!「祇園祭を支える町衆文化読本」制作プロジェクト
(伝統文化継承と地域文化創生の観点から)
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:遠藤 正彦
 科目代表者:高岸 雅子(日本語・日本文化教育センター)

あなたがプロデュース!KYOTO和婚の魅力を世界に発信プロジェクト
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:図師 美緒
 科目代表者:山田 和人(文学部)

【優秀賞】
絵本は心のごちそう・プロジェクト
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:上野 康治
 科目代表者:金田 重郎(理工学部)

【特別賞】
スポーツイベント企画・運営のマーケティング実践
~生涯スポーツの推進に向けた陸上競技大会の開催~
<京田辺校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:村尾 直哉
 科目代表者:二宮 浩彰(スポーツ健康科学部)
関連情報
お問い合わせ先
同志社大学 プロジェクト科目検討部会 事務局 (今出川校地教務課内)
TEL:075-251-4630
FAX:075-251-3064
E-mail:ji-pbl@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)