1. プロジェクト科目ホーム
  2. テーマ募集と選定一覧
  3. 選定結果 2011年度
  4. 「京丹後漁業活性化プロジェクト-新たな地域ブランド商品の開発」

テーマ募集と選定一覧

2011年度プロジェクト科目テーマ

「京丹後漁業活性化プロジェクト-新たな地域ブランド商品の開発」

プロジェクト名「京丹後漁業活性化プロジェクト-新たな地域ブランド商品の開発」
科目担当者間人底曳網漁業女性の会
田中 郁代
科目代表者文学部 中井 悟

学生さんへ本科目は学生と地域の人々が協力して新たな地域ブランドを創造するプロジェクトです。 対象となる地域は京都府北部の丹後半島・丹後町間人(京丹後市)の間人港(たいざこう)で、そこで水揚げされた「ずわいがに」は「間人ガニ」としてブランド化に成功しています。しかし冬の日本海は時化(しけ)が頻発するため安定した水揚げが保証できず、今回新たな商品モデルとして、地元で消費されている魚を対象に間人ガニや関サバのような地域ブランドの創造を目指します。
本科目では、地域の水産関係者と協力して受講する学生らが自ら商品を企画・開発、販売を行うことを目標としています。また実践・体験型の授業展開を重視するため、実際に現地に向かい、水産関係者などへのヒアリングを通じて水産業の「今」を肌で感じてもらいます。
商品開発・マーケティング・ブランドに関心のある方の参加をお待ちしています。

開講校地今出川校地
開講期間春学期・秋学期連結

受講条件主体性をもって本科目に取り組める方
学生が準備(持参)するもの特になし
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり(5,000円以内)
間人合宿費 5,000円
授業時間以外の非定期授業の有無あり(3回以内)
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(3回以内)

定員内の場合の選考方法登録志願票と面接で選考する。
定員を超えた場合の選考方法登録志願票と面接で選考する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし