テーマ募集と選定一覧

2011年度プロジェクト科目テーマ

私はイベントプロデューサー!

プロジェクト名私はイベントプロデューサー!
科目担当者国民文化祭京都府実行委員会事務局
青柳 良明
科目代表者文学部 伊達 立晶

学生さんへ
  1. 学生・若者が「国民文化祭・京都2011イベント」をプロデュースします。
    平成23年は、国内最大の文化祭典「国民文化祭」が京都で開催されます。全国的な規模で開催される国民文化祭は京都で学ぶ学生にとって、「文化イベントのプロデュース」を実践する大きなチャンスです。学生が主体となって学生自身や地域、府民・市民の文化力を引き出し、コーディネイトし、京都の歴史的舞台から発信する「京都ならでは」のイベントを創り上げていきます。

  2. 学生が国民文化祭京都府実行委員会と協働してプロジェクトを進めます。
    ①国民文化祭で行う学生主体の企画を京都府実行委員会と協働して実施します。②国民文化祭及びプロジェクト科目終了後も成果が継承できるよう、多くの府・市民、学生の参加を得て実施します。

  3. この科目では京都駅前をメインに多彩な事業・イベントをプロデュースします。
    ①京都駅前ターミナル等を活用した文化イベント情報の発信企画と実施。②京都駅前ターミナルや「社寺文化財等歴史舞台」等を活用した京都で活躍する文化人や団体による国民文化祭に向けた魅力あるミニイベントのリレー開催を企画・実施。③国民文化祭開催期間中をメインに、京都駅前や社寺文化財等の歴史舞台を活用したイベントの企画・実施。

  4. 達成感と成果の多いプロジェクトです。
    ①学生が京都府実行委員会と協働し、学生、地域、府・市民の文化力や文化的ニーズを引き出し、それにふさわしい舞台を発掘・設営し、舞台に上げるという「プロデュース」の醍醐味が味わえます。②国民文化祭での地域貢献と学生が最初からプロデュースしたという達成感のあるプロジェクトとなります。③日本最大の文化祭典としてチャレンジと経験の場、そして魅力的な人的ネットワークづくりが出来ます。④学生による文化イベントプロデュースマニュアル・事例集を発行しアピールします。

開講校地今出川校地
開講期間春学期・秋学期連結

受講条件○京都が好きなこと。
○イベントを企画し実施したいという意欲があること。
○多くの人の想いを繋げて新しいものを創り出したいと思っている人。
学生が準備(持参)するものデジカメ
学生の費用負担額
凡その目安とお考え下さい
あり(年間1万円程度)
交通費1回500円×20回 10,000円
授業時間以外の非定期授業の有無あり(10回以内)
保険(340円)加入要否必要あり
学外での授業の有無あり(20回以内)

定員内の場合の選考方法登録志望者全員合格とする。
定員を超えた場合の選考方法登録志願票で選考する。
秋学期の追加募集の有無
秋学期科目で定員に空きがある場合
なし