こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. プロジェクト科目ホーム
  2.  > クラスレポート
  3.  > 2017年度
  4.  > クラシック音楽のコンサートを創ろう!

2017年度クラスレポート

クラシック音楽のコンサートを創ろう!

Vol.1 2017.8.8

1.プロジェクトの目的
本プロジェクトは、現在のクラシック音楽業界が抱える問題に、学生の視点からアプローチし、最終的にはクラシック音楽業界への提言を行うことを目的としています。そこで、私達は春学期の前半にクラシック音楽業界の調査を行い、発見した課題に基づいて、後半には同志社大学内でクラシック音楽のコンサートを開催しました。
2.春学期の活動内容
前半:クラシック音楽業界の現状把握と課題の発見
春学期の前半はプロのオーケストラのコンサートに実際に足を運び、また実際にオーケストラで働かれているゲストスピーカーの方にお話を伺うなどして、現在のクラシック音楽業界にはどのような課題があるのか、調査を行いました。

その結果、クラシック音楽のコンサートに足を運ぶ若者が少ないこと、その理由としてクラシック音楽に対して理解しがたい・親しみにくいといったイメージが抱かれていること、さらにコンサートの情報を目にする機会が少ないことがわかりました。そこで私達は、同志社大学において同志社大学生を対象としたコンサートを行うことによって、どのようなコンサートであればこうした課題を解決できるのか、調査を行いました。
活動写真
後半:クラシック音楽のコンサートの開催
企画するコンサートでは、気軽に行ける時間・場所にコンサートを設定し、さらに楽曲の世界観を様々な演出によって明確に提示することで、クラシック音楽を理解しやすく、親しみやすいものとすることを目指しました。また、若者に有効な広報手段を取ることによって、コンサートの情報が目に入る機会を増やすことを目指しました。
そこで7月20日の昼休み、同志社大学の寒梅館アトリウムにて、水に関連する楽曲を中心としたプログラムを、プロのピアニストの方に演奏して頂くコンサート「水の祭典」を行いました。また、会場には青色の布や傘による装飾を施し、楽曲の「水の世界観」を演出しました。
活動写真
活動写真
3.今後の活動
「水の祭典」コンサートで来場されたお客様にアンケート調査を行った結果、依然としてクラシックに既に興味のあるお客様が多く、クラシック音楽を知るきっかけとしてのコンサートを提供できていないことがわかりました。また、今回のコンサートではSNS等を利用した様々な広報活動を行いましたが、実際に来場されたお客様のうちSNSでコンサートを知ったお客様の数はそれほど多くはありませんでした。
こうした結果から、春学期のコンサートでは企画自体が保守的であった点、広報手段が有効に活用できなかった点が反省として挙げられます。秋学期のコンサートでは、広報手段を中心としてさらなる工夫を施し、「革新性」を追求したコンサートを開催できればと考えています。そしてその結果に基づいて、最終的に「クラシック音楽業界への提言」を示すことが、今後の活動の目標です。

報告者:クラスレポート担当  山田 春菜さん (文学部3年次生)